2016年結果発表

2016年
宮古島フォトコンテスト入賞作品発表!

今年度もたくさんのご応募ありがとうございました。
審査員のむらいさちさんが選んだ作品はこちらです!
入賞された方々、おめでとうございます♪

一般部門

グランプリ  『きっと翔んでいける』

きっと翔んでいける

撮影者: 倉嶋大輔 様
審査員コメント:
この写真の 1 番の⾒どころは、構図ですね。空の割合を多く取ったところが素晴らしいと思います。明るく差し込む
光と透ける空、そして、サンゴに息づくカラフルなクマノミたち。宮古島の海の美しさが、この⼀枚に凝縮されてい
ます。⽔中であることを感じさせないぐらいクリアな印象を与える、ほんとに素敵な⼀枚です!

準グランプリ  『Fantastic』

fantastic

撮影者: 大澤 匡 様
審査員コメント:
宮古島ならではの、ダイナミックな地形をうまく表現しています。上からやわらかく差し込む光、そこを泳ぐダイバ
ー、上層を泳ぐ⿂の帯。その全てが完璧ともいえるバランスで、ピタリと揃っています。光が奥にあることで、奥⾏
きも感じさせる作品ですね。

準グランプリ  『青の記憶』

青の記憶

撮影者: 米倉 立子 様
審査員コメント:
下からあおって、ギンポの表情を⾒せたところももちろん素敵ですが、特筆すべきは、⾊の表現。背景にまで気を使
って、被写体を選んだことが伝わってきます。背景選びも、⽔中写真を撮る上で、⼤切なポイントです。キラキラと
輝く海の中で、ギンポが楽しく過ごしている姿が⽬に浮かびます。きれいな⻘が印象に残る⼀枚ですね。

優秀賞  『S,ライトを浴びて!』

S,ライトを浴びて!

撮影者: ichiro 様
審査員コメント:
ケープの写真は、スタティックになりがちなのですが、ダイバーとライトを使って動きを出したところに⼯夫を感じ
ます。シルエットになってしまうことが多い⿂の群れに、ライト当てたところがおもしろいです。

優秀賞  『赤い木陰』

赤い木陰

撮影者: 横尾 裕美 様
審査員コメント:
華やかな⾊使いがアーティスティック! 真っ⾚な背景が⽬を引きますが、主役は存在感のある鮮やかなスズメダイ。
鮮やかな顔の⾊が引き⽴っています。バックもブルーに抜けていて、絵のように感じさせますね。

優秀賞  『うみゆめ』

うみゆめ

撮影者: 武田 千絵子 様
審査員コメント:
やわらかい⾊合いに癒されます。タイトルもうまい! 夢の世界の光景のような、メルヘンっぽい雰囲気がいいです
ね。⿂たちが、⼝笛でも吹きながら、お散歩を楽しんでいるみたいに感じさせます。

優秀賞  『なかよし』

なかよし

撮影者: 宮崎 千尋 様
審査員コメント:
すごい! この狭い空間に、3 種類の⽣物がそろって、顔をこちらに向けています。とてもかわいくて、⾒た瞬間、思
わず笑顔になってしまいました。特に、動き回るダルマハゼの正⾯顔を撮影するのは⾄難の技。しかも、他の2匹と
⼀緒なんて、狙ってもなかかな撮れない、貴重な瞬間です。

優秀賞  『Balloon

balloom

撮影者: 金ヶ江 有生 様
審査員コメント:
ここまでアップに写すのは、とても難しかったと思います。しかも、ハナクマノミの幼⿂が正⾯を向いた瞬間という、
絶妙なタイミング。とぼけた表情が、とてもかわいらしいですね。周りのイソギンチャクも、ハナクマノミの魅⼒を
引き⽴てています。

ダイバー賞  『3階の住人』

3階の住人

撮影者: 西澤 由佳子 様
審査員コメント:
2 匹のカンザシヤドカリが揃うこともレアなのに、さらにハゼまで登場! めずらしい瞬間を捉えています。全体的な
世界観も素晴らしいです。
 

 

ビギナー部門

最優秀賞  『ボーダーライン』

 

ボーダーライン

撮影者: 島谷 枝里香 様
審査員コメント:
海のブルーのグラデーションがとても美しい⼀枚です。⿂の群れも、いいバランスで⼊ってきています。構図を右に
振ってみると、よりスッキリとした写真に仕上がると思います。⾊々トライしながら、⽔中写真を楽しんでください!

優秀賞  『みーつけた』

みーつけた

撮影者: 得能 友規 様
審査員コメント:
やわらかく揺れるイソギンチャクと正⾯に視線を向けるハナクマノミ。しかも、⼝まで開けています。鮮やかな⾊彩
が、かわいらしく楽しい⼀枚ですね。

マリンダイビング賞  『光に向かって』

光に向かって

撮影者: MINA 様

 

未来に残したい宮古島の海部門

最優秀賞  『2016年の夏』

2016年の夏

撮影者: 森下 節子 様
審査員コメント:
今年の夏は⽔温の上昇などで、サンゴが⽩化してしまいましたが、こうやって写真に残すことによって未来に繋いで
いくことができるのだと思います。写真としても、とても素晴らしく、宮古島の海の豊饒さが表現されています。

優秀賞  『彩色完備』

色彩完備

撮影者: 畠山 拓也 様
審査員コメント:
まんべんなく⿂が全体に広がり、楽しい雰囲気を感じさせます。⾊彩豊かで、とても美しいです。どこまでも続く元
気な宮古島のサンゴ礁、この美しさを未来に伝えていきたいですね。

優秀賞  『FollowMe』

followme

撮影者: 榊 賢寛 様
審査員コメント:
⼤物との出会いは、テンションが上がりますね。⽔⾯に顔を出した、いいタイミングで撮られた⼀枚です。ボートで
移動中も気を抜かずに、シャッターチャンスを狙いたいものです。


今年度も、たくさんのご応募ありがとうございました。

たくさんの宮古島の魅力にあふれた写真が集まり嬉しい限りです!

これからも皆様に宮古島の海の魅力を伝える為、スタッフ一同頑張っていきますので、皆さまも楽しみに遊びにいらして下さい。

また来年度もフォトコンテストを開催する予定となっておりますので
次回もぜひともご応募・応援よろしくお願いし致します。