2020年結果発表

2020年
宮古島フォトコンテスト入賞作品発表!

今年度もたくさんのご応募ありがとうございました。
審査員の鍵井 靖章さんが選んだ作品はこちらです!
入賞された方々、おめでとうございます♪

総評

今回は、初めて宮古島フォトコンの審査に参加させて頂きました。ありがとうございます。
今回は新型コロナの影響も募集規定も変更となり、どうなのかな?と思っていましたが、例年以上に作品の応募があったとのこと。大変嬉しく思います。
撮影期間の限定がなく、これまで撮影した宮古島のどの写真も応募できたことで、より宮古島の海の魅力を秘めた作品の応募があったと思います。
審査していて、驚きも多く、とても楽しく進めることができました。
残念がら、私は宮古島の海を、それほどたくさん撮影していません。
しかし、この審査を通じて、宮古島に大変興味を持ちました。
それは私だけでなく、皆さんがそう思ってくだされれば、とても嬉しいです。
応募者の皆さん、ありがとうございました。

一般部門

グランプリ  『もくもく水中探検!』

撮影者: 宮地 剛大 様

審査員コメント:パッと見て、これがどこの海なのか?という不思議な世界観に魅了されました。
砂地が巻き上がってるのか?それがまた良いアクセントになりました。
他の海と比較するのは違うかもですが、少しセノーテっぽい。切り撮り方によっては、日本の海にも知られざるこんな海中景色があるのだと嬉しくなりました。

受賞者コメント:この様なフォトコンテストに応募する事自体が初めてでしたが、今回グランプリに選出頂きまして本当にありがとうございます。
今年の9月下旬に4年ぶりに訪れた宮古島。現地でfg2の佐瀬さんから終了間際の宮古島フォトコンテストの存在を教えて頂き、これぞ宮古島!という作品が撮れればいいなと思いつつ、操作も不慣れな初めてのミラーレス一眼での水中撮影だったこともあり、まさか自分が!?と結果に驚いています。
この日の通り池には、とても不思議で幻想的な水の色が広がっており、美しいグラデーションに非常に感動しました。
天気は曇り空、池の下もいつもより色濃かったそうで少し暗かったですが、目で見たままの自然の色を表現できたと思っています。
また、この様な状況の中、コロナ対策もしっかりされているfg2の佐瀬さんご夫婦のおかげで安心してダイビングを楽しめました。感謝しています。

準グランプリ  『紫炎』

撮影者: 藤田貴美子 様

審査員コメント:こんな写真見たことない!!!!素敵!!
浅いピントでこの不思議なシチュエーションをさりげなく、そして上手く撮影してる。素晴らしい!

受賞者コメント:素晴らしい賞をいただき、ありがとうございます。
宮古島は、Cカード取得直後からのホームグラウンドなのでとても嬉しいです。
この日は、ダイビングの後半に、モンツキカエルウオなどいないかな?と思って、かなりうねっていましたが、浅場へ行ってみました。
すると、岩場に生えている綺麗な紫の海藻の中に、ヒナギンポがいました。
かなりうねっていて、撮影が大変でしたが、紫の海藻がゆらめいて、まるで紫の炎の中にヒナギンポがいるようで、ドキドキしながら撮影しました。
いつも宮古島の海と生命の魅力を最大にガイドしてくれるエミナマリンの松浦さんとスタッフの皆さんに感謝しています。

準グランプリ  『THE 宮古』

撮影者: 森田ともみ 様

審査員コメント:1枚の写真の中に、二つの世界が混在している。
光の向き、魚群の向きが上手くシンクロしている秀逸な作品

受賞者コメント:同じポイントに何度も潜っているのに、季節や時間で表情が変わる宮古島の海。
この日は真夏の太陽に照らされて、活き活き泳ぐ魚たちに圧倒され、無我夢中でシャッターを切りました。
その時期の旬を最大限に楽しませてくださるガイドさんに感謝です。

優秀賞  『ラインダンス』

撮影者: 大澤 匡 様

審査員コメント:スカシテンジクダイの群れの奥行き構図が、画面から溢れ出す演出になっている。海の憧れを表現した1枚!

受賞者コメント:コロナの影響で、今年は宮古島に訪れることが叶わず、以前撮影した写真を、締め切り当日に編集するという暴挙にも関わらず、優秀賞に
選出して頂き、ありがとうございます。
来年は、コロナが落ち着き、十分な作品作りをできることを願わずには
いられません。

優秀賞  『ここはボクのおうち!』

撮影者: 室谷 香菜 様

審査員コメント:白化現象のイソギンチャク。儚さを感じる質感にオレンジ色のクマノミが美して、悲しい。

受賞者コメント:大好きな宮古島の海。
その海で出会ったのは、素敵なおうちに住んでいる小さくてかわいいクマノミさん。
目が合って、「ここはボクのお家だよ」って言ってるように思えてとってもかわいいなと感じたお気に入りの1枚です。
今回優秀賞に選んでいただき、とっても嬉しいです。
これからも大好きな宮古島の海を、私なりに残していきたいと思います!

優秀賞  『Cave guard』

撮影者: 山口 智子 様

審査員コメント:臨場感のある写真!洞窟、ライトが照らす位置、サメの陰影、ダイバーの存在。それらの様子がダイビングの冒険感を表現してくれている。

受賞者コメント:ここには3匹のサメが住みついています。
去年は上手く撮れませんでしたが、今年はFish a go! go! の佐瀬さんにアドバイスをいただき撮影しました。
いつも宮古の海の魅力をたくさん伝えてくださる佐瀬さんご夫婦に感謝しています。

優秀賞  『シルクの中で戯れて』

撮影者: 藤山 幸広 様

審査員コメント:私もたくさんウミウシを撮影しましたが、こんな素敵なシチュエーションは滅多にない!そして、このシーンを上手くポップに仕上げている。羨ましい・・・笑

受賞者コメント:この度は、このような賞をいただきありがとうございます。
このウミウシを撮っていた時に、周囲が綿菓子のように不思議な生えものに包まれていて、とても感動しました。
それを伝えたくて、夢中でシャッターを切りました。
いつもお世話になっているエミナマリンの松浦さん、ナナちゃん、船長の八木さん、ありがとうございます。

優秀賞  『海の中のネオン街』

撮影者: nature 様

審査員コメント:マクロの小さな小さな世界を物語のように仕上げている。夢のようなファンタジーな世界観。水中写真の新しい魅力!

受賞者コメント:ありがとうございます!
玉ぼけが綺麗に撮れました。
クリスマスツリーの雰囲気も出て、好きな一枚です!

優秀賞  『海の中のリース』

撮影者: 勝部智美 様

審査員コメント:海の中の流れ藻リースですね。これを撮影しようとした視点が美しい。いつも水中写真とは少し意味合いが違う素敵な作品!

受賞者コメント:まさか入選なんてと驚きと共にとても嬉しいです。ありがとうございました。
3回目となる宮古島ではアクアストーリーさんでお世話になりました。
八重干瀬に行きたいとのリクエストに応えていただき、イフ WESTというポイントで砂地の浅瀬に太陽光が差し込みきれいだなと癒されていたところ、この海藻がふわぁ~とやってきてまっすぐな海藻っだたのですが、波に揺られてまるっとなった瞬間に撮ったものです。
ノーストロボで浅瀬の太陽光のみで撮りました。
宮古島、八重干瀬での透明度の良さと浅瀬での強い太陽光ならではのシチュエーションになりました。
宮古の海の素晴らしさを伝えていただいたアクアストーリーの皆様に心から感謝しています。

優秀賞  『みやこじま雲海』

撮影者: 甲田 圭 様

審査員コメント:これは一つのテクニックなんでしょうか?捲き上る砂・・・。
最高じゃないですか!!!!真似したらすみません!!!!!きっと真似する!笑

受賞者コメント:私のお気に入りの写真です。
サンゴホールはハートに見える出入口やダイバーシルエットなど素敵な構図が多くあります。
しかしこの構図は最後にダイバーが巻き上げた砂煙が時が立ち雲になり霧が舞い岩肌が山へと代わり雲海ができました。陸で見る雲海を水中でも見る事がきて感動致しました。

優秀賞  『沈思黙考』

撮影者: 天野利哉 様

審査員コメント:この作品は、もうモデルさんのおかげ!!!笑 ここでカメラを構えていることも素晴らしいですが、それよりも何よりもモデルさんの位置、ポージングが最高です!

受賞者コメント:この写真をセレクトいただきありがとうございます。
見た人が宮古島の海に行きたいと思えるような写真を撮りたくて、それを実現できた作品かなと思います。
自分もこの写真を見る度に宮古島が恋しくなります。
いつも撮影に際して万全のサポートをしていただけるアクアストーリーの皆様、本当にありがとうございます!

優秀賞  『海に煌めく』

撮影者: 水田咲貴子 様

審査員コメント:宮古島の海にも、こんなに色があるんだと教えてくれる1枚。美しい景色だけど、写真で表現するのは難しい。でもこの写真は大成功している。

受賞者コメント:生き生きと宝石のように煌めく魚たち。
初めて宮古島を訪れ、この光景を目にした時の感動は今でも忘れられません。
今思えばこの時の感動が宮古島への移住を強く後押ししてくれたような気がします。
今のコロナ危機でも様々な対策を講じ、楽しいダイビングを提供してくださっているアクアストーリーのみなさんには心から感謝しています。
この状況が一日も早く解消され、平穏な日々が取り戻せるよう心から願っております。

優秀賞  『あ、前 通りまーす』

撮影者: 手塚 良平 様

審査員コメント:ウミヘビはこうして撮るのだと教えてもらった。背景の地形、そしてダイバー。奥行き効果が抜群!

受賞者コメント:今回このような賞を頂けた事、とても嬉しく思っています。入賞したと聞き 正直言って本当に驚きました。
たまたま、水面をボーと見ている時に息継ぎをしに行っていたイラブが、スィーーーーと下りて来て、通り過ぎて行くと思いきや 目の前をいきなり横切って通り過ぎて行った時とっさにシャッターを切って撮れた一枚です。
このような素晴らしい宮古島の海を自由に楽しませてくれるマリンズプロ宮古の剛さん、紗緒理さんに心から感謝しています。

ビギナー部門

最優秀賞  『まって〜』

撮影者: 荒谷実佳 様

審査員コメント:新鮮な視点ですね!水面の揺らめき、泡の存在・・・。すごく素敵です。この1枚でも十分に物語で、完成された1枚

受賞者コメント:偶然撮れた写真で最優秀でびっくりしてます。
ありがとうございます。

優秀賞  『青の世界』

撮影者: 牛田 葵 様

審査員コメント:きっと見上げているダイバーを見て、この構図で撮影したのだと思うのですが、縦位置構図、岩の入り具合、ダイバーの位置など抜群の感覚!!!!

受賞者コメント:今回は素晴らしい賞に選んでいただきありがとうございます。
宮古島は、物心つく前から毎年夏に遊びに行っている、私にとっての第二の故郷のような場所です。
ですから、毎年楽しい思い出をくれる宮古島と南風に少し恩返しが出来たかな?と嬉しく思っております。
写真に写っているのは、私の先生であり友達である南風のツバサさんと、圧巻の宮古ブルーとそれを彩るカタクチイワシの群れです。
今年一番美しいと思った景色だったので、評価をいただけて本当に嬉しく思います!ありがとうございました!

マリンダイビング賞 『安全な安全停止』

撮影者: 北野 あゆみ 様

審査員コメント:ひと目でいいなと思いました。でも、少し時間をおいて冷静になって見てみようと何日間か待ってみたのですがやっぱりいい。
なんだかダイビングって楽しそう♪と感じさせる絵柄に加えて、宮古島ならではの透明度の良さ、海の青さがよ~く出ていて、作品としても素晴らしいと思います。写真のビギナーならではの視点も最高です。もう宮古島に潜りたくてたまりません!!
月刊マリンダイビング編集長・後藤ゆかり

受賞者コメント:大好きなダイビング仲間と楽しく安全に潜ってある瞬間をどうにか残しておきたいと思ってシャッターを切りました。
素敵な賞をありがとうございます!

未来に残したい宮古島の海部門

最優秀賞  『With宮古島』

撮影者: 天野利哉 様

審査員コメント:未来に残したい宮古島の海部門ということで、最もそのテーマに合った写真だと思いました。明日に繋がる光に、未来を感じさせる作品です。

受賞者コメント:この写真をセレクトいただきありがとうございます。
宮古島にはたくさんの小さなビーチがあり、それぞれに素敵な魅力があると思います。
インターバル撮影をしながら、こんな素敵なビーチでおっさんが佇む写真を入選させていただき、恥ずかしいながらも嬉しさいっぱいです。

優秀賞  『枝珊瑚とASUKA』

撮影者: 大原信人 様

審査員コメント:これも「未来に残したい」というテーマを素直に表現した素敵な写真だと思いました。スノーケラーの存在がそのメッセージはより強調してくれています。

受賞者コメント:まさか入選するとは思っておらず、今年一番驚いております。
宮古島の珊瑚を、人を入れて写真をとりたいという要望に応えてくれた、アクアストーリーのクニさん、あすかさん(被写体)ありがとうございました。
入選、とてもうれしいです!!
また宮古島に遊びに行きます!

優秀賞  『あ!天の河』

撮影者: 甲田 圭 様

審査員コメント:未来に残したい海がテーマですが、自然という大きな意味でこの星空も選びました。最近、人気のある表現方法ですよね。その新しい可能性への挑戦、素敵です!

受賞者コメント:未来に残したい宮古島の海と思う3つ(海、星、人)で表現したいと思いこの写真を選びました。
来るたびに感動を与えてくれる宮古の海と星空今年はコロナ自粛等々で来島できない皆様も多い事と思いますが宮古の海と空はいつでも大歓迎してくれる事と思います。

優秀賞  『To the future』

撮影者: 小池 篤史 様

審査員コメント:この写真も、テーマにとてもマッチしてるなと思いました。まるという幸せの形=未来への夢のように思われて。素敵な作品!!

受賞者コメント:「ゆーったりと泳いでくれていた亀さんのおかげですw」


南風賞 『天使のわけまえ』

撮影者: 島谷 枝里香 様

エミナマリン賞 『ロッククライミングに挑戦!』

撮影者: 藤井あや 様

fish a go go ! 賞 『瞳はエメラルド』

撮影者: 上田美佐 様

アイランドエキスパート賞 『空と海』

撮影者: 小形宏昌 様

マリンズプロ宮古賞 『伊良部大橋サンセット』

撮影者: 寺村道子 様

アクアストーリー賞 『一粒の惑星』

撮影者: 畑中玲 様

アクアスター賞 『幸福の黄色いタマゴ』

撮影者: 大場 健一郎 様

サマーパーティー賞 『シャッターチャンス』

撮影者: 渡辺大祐 様

イベント情報

募集部門紹介

宮古島フォトコンテストではいくつかの部門に分け、皆様の写真を募集しています。
各部門の内容はこちらのページでご確認下さい。

一般部門

こちらは、ワイド・マクロ問わず宮古島の水中写真を募集しています。
審査の段階で、グランプリ・準グランプなど審査員によって賞が授与されます。

ビギナー部門

こちらは、水中写真を初めて3年未満の方が応募できる部門です。
ワイド・マクロは問いません。思い出に残った宮古島の海の写真を応募してください。

未来に残したい宮古島の海部門

こちらの部門は、宮古島の海で撮影された写真であれば応募できます。
撮影技術よりも、楽しさや感動などが伝わる作品が選ばれます。
水中、水面、陸上・空からの撮影でもOK!みなさんの楽しかった宮古島の海の思い出写真を応募して下さい。

サンプル写真※前年までの応募作品から抜粋しています。

注意事項

注意事項

宮古島フォトコンテスト参加店を利用して撮影した写真のみ応募可能となります。お間違い無い様に利用ショップ専用応募フォームよりご応募下さい。

◆著作権
応募した作品の著作権は撮影者(応募者)に帰属しますが、主催者、実行委員会関連団体がPR等の目的に使用させていただく場合があります。予めご了承いただき、ご応募願います。また、作品の使用は無償とします。

◆ご投稿頂いた画像、コメント等に関して、万一第三者との間に紛争等が生じた場合には、投稿者ご自身がその責任にて当該紛争等を解決するものとし、事務局及び他の投稿者に対し一切迷惑をかけないものとします。

◆当ページへの投稿内容及び画像、コメントを投稿したことによる結果については、情報の投稿者が一切の責任を負う事とします。

◆ご投稿頂いた画像が変換の結果、画像に品質劣化が生じたとしても、事務局は一切責任を負わないものとします。

◆応募後の辞退は出来ません。

◆応募作品の元画像は、フォトコンテスト審査結果発表日まで保存して下さい。

◆撮影者名のWEBサイト掲載はニックネームとなります。

◆ご応募の際に登録して頂いた電子メールに誤り等の理由により当選者ご本人への連絡が出来ない場合には、当選資格を放棄されたものとみなし、再度抽選させていただきますので予めご了承ください。

画像内容の制限

◆応募して頂いた画像のデータの返却は致しません。

◆作品の内容が以下に相当する場合は、主催者が判断し通知問わず応募対象外と致します。

1、公序良俗に反する、又は反する恐れがあるもの。
2、第三者の著作権、肖像権その他権利を侵害し、又はその恐れがあるもの。
3、第三者を誹謗中傷し、又そのプライバシーを侵害するもの、又その恐れのあるもの。
4、法令等に違反し、又は犯罪行為に結びつくもの、又その恐れのあるもの。
5、当Webサイトの趣旨等に合わないと事務局が判断したもの。
6、当Webサイトの適正な運営を妨げるもの、又その恐れがあるもの。
7、画像データが判読不能なもの。

個人情報取り扱い

◆参加者申し込みにご記入頂く参加者の個人情報は、事務局から参加者ご本人に対しての連絡のみの利用とさせて頂きます。

◆個人情報を外部に公開することはありません。但し、入賞した場合、入賞者の住所など必要事項を連絡させて頂く事があります。

◆作品に関してのご確認・掲載のご報告・当選のご連絡及び当サイトにて開催するコンテストやキャンペーンの告知の目的で管理・使用させて頂きます。

宮古島フォトコンテスト最新情報

参加ショップ一覧・協賛企業一覧

宮古島フォトコンテスト参加ショップの一覧です。

フォトコンテストに興味がある方は、参加ショップをご確認下さい。
応募は参加ショップをご利用した方のみとなります。

アイランドエキスパート

ダイバーにとっての宮古島といえばやはり地形ですが、海の美しさがあってはじめて地形の満足度も上昇します。
沖縄でも屈指の美しさを誇る宮古島の海ならビギナーからベテランまで存分に楽しめます。
そして忘れてはいけないのがサンゴの美しさ。
ダイビングポイントやシュノーケルポイントでも元気なサンゴを見られます。
ダイビングだけでは見ることができない宮古島の海も是非お楽しみください。

アクアスター

貴重な休日を皆様とご一緒できます事に感謝!!
最高の宮古島の海を楽しんで頂く事が当店の最大のテーマです!
少人数でのダイビングスタイルですので、じっくりもぐり、地形や大物、マクロ生物とバリエーション豊富に
お客様のご要望に合わせて、最高の宮古島の海を楽しんで頂ける事と思います。
せっかく潜るなら、楽しくなければ、、ね!

アクアストーリー

アクアストーリーは宮古島で2004年に夫婦二人で始めた小さなお店です。
アクアストーリーは完全な少人数制のダイビングショップです。
完全少数人数だからこそできること・・・それは、ゲスト1人1人が笑顔で、スタッフとコミニケーションをとり、また僕たちに会いたくなるようなお店であり続けることです。
おかげさまで多くのリピーター様に支えられております。
スタッフはとても気さくでアットホームなので初めて来られる方も安心して一緒にダイビングを楽しみましょう。

エミナマリン

エミナマリンとは・・・エミナはアイヌ語で『あなたが笑う』『笑顔・ほほえみ』などの意味があるそうです。
僕が大好きな海で皆さんが笑顔になれる様なダイビングのお手伝いが出来たらと思い、このエミナ(あなたが笑う・笑顔になる)マリン(海)と名付けました。
海からあがってきた時に皆さんの笑顔に出会えますように・・・。

宮古島サマーパーティー

サマーパーティーは宮古島にあるダイビングショップです。
初心者ダイバーを応援!
水中カメラ・水中ライト・ダイブコンピューターのレンタル無料!
ご旅行の思い出にダイビングをプラスしてみませんか?
お客様の貴重なお時間を精一杯プロデュースさせていただきます。

タイムマリン宮古島

タイムマリン宮古島は1989年にPADIダイブセンターの登録を受け、現在ダイブリゾートとして、体験ダイブ、ファンダイブ、各種認定コースに多くの実績を持ち、安全・安心・楽しさを心がけています。
そして地形のイメージの強い宮古島において環境が180度違う東海岸の高野エリアを中心にダイビングを楽しんでいます。

南風(ぱいかじ)

1999年オープン。宮古人(ミヤコンチュ)のオーナーです。
伊良部島・下地島に限らず、八重干瀬・宮古島の南海岸~東海岸と豊富なダイビングエリアを潜ります!
その日のベストなエリアを求めて、縦横無尽に宮古島海域を走り回っています~!!
宮古島の海でみなさんが笑顔になれるよう、スタッフ一同で力を合わせて頑張っています!

fish a go go!

皆様に支えられて無事故で安全なダイビングを提供して16年目になります。
これからも安全・安心・快適に宮古島の海をご案内します!

ブルーフォレスト宮古島

小さなお店ですが、日本有数の大サンゴ礁「八重干瀬」(やびじ)を中心に伊良部島や下地島など様々なポイントへその日の海況とお客様のリクエストにてポイント選択、島を訪れた皆さんに宮古島の海を満喫してもらう為に日夜奮闘中。

マリンズプロ宮古

宮古島から車で25分。人口6,000人余りの穏やかな島、伊良部島。
まるで隠れ家のような環境の中、水中の神秘と開放感を味わってみませんか?
伊良部島唯一のナイトロックス潜水受付中です。

山本大司潜水案内

宮古島ダイビング山本大司潜水案内では、できるだけ船の上で快適にのんびり過ごしていただけるよう人数制限を設けています。

後援

◎株式会社水中造形センター

協賛企業一覧

※順不同

◎有限会社イノン

◎株式会社フィッシュアイ

◎株式会社エポックワールド

◎株式会社タバタ

◎ダイバー株式会社

◎村上商事株式会社

◎株式会社ビーイズム

◎RGBlue(株式会社エーオーアイ・ジャパン)

◎日本トランスオーシャン航空株式会社

◎株式会社キヌガワ

◎日本アクアラング株式会社

◎株式会社ゼロ

◎ホテルニュー丸勝

◎SAS(株式会社Kai・la)

◎株式会社オーシャナ

◎永田町オーシャン

◎シーサー海人商店

◎Super Star – Steak&Sports Diner

◎合同会社すぐもぐ